人気の「マタニティフォト」の撮るワケは?賛成派の意見とは?

マタニティフォトの撮影

『マタニティフォトを撮影した理由』

マタニティフォトを撮影する理由は人それぞれあり、人に見せる・見せない事は別にして、「マタニティフォトを撮ってみたい」と思っている女性は、あるアンケート調査によれば約8割の女性がそう思っていると言う結果が出ています。このように、世の中の多くの女性はマタニティフォトに憧れを抱いている事が分かります。
アンケートの声で多かったものは・・・
 ・妊婦さんの良い思い出になる
・妊娠と言う素敵な時期を写真に残したい
・子供が小学生になったらマタニティフォトを見せてあげたい
・ママ友のマタニティフォトは素敵だったから
この他にも、「恥ずかしい」「面倒臭い」等、マタニティフォトに対してマイナスな意見も中にはありましたが、基本的にはほとんどの女性が「撮りたい!」「興味がある!」と言う積極的な意見でした。最近のフォトスタジオは、お腹だけ露出する、露出せずに撮影、ボディーペイント等、素肌を見せる事に抵抗がある人でも挑戦しやすかったり、手ぶらで撮影OKだったりと、撮影サービスも充実しているので、マタニティフォトに挑戦する人も増えているようです。

まとめ

マタニティフォトの楽しみとは、妊婦さんにとって貴重な瞬間を記念に残すだけの直接的な理由だけではなく、撮影と言うイベント体験の楽しさもあるのではないでしょうか。妊婦さんになると、行動を起こしたいと思った時も、何かと制限されてしまう事も出てきて、ストレスも溜まったりしますよね。そんな時、マタニティフォトは妊婦さんにとっても良い気分転換にもなっているようです。フォトスタジオ迄出かけて、そこで素敵にヘアメイクをしてもらい、マタニティ衣装着を身に付けて、何とも特別感のあるイベントですよね。
また、妊婦さんの中には本当は撮影したいと思っていたけれど、早産等の体の事情でマタニティフォトを断念したプレママや、マタニティフォトを撮ろうか撮るまいか迷っている内に出産してしまった等、「撮影しておけばよかった…」と、後悔してるママもいるようです。妊娠している期間と言うのは、絶対的に妊婦さんの健康が保証されている訳ではありません。なので、「思い立ったが吉日!」と思って、マタニティフォトに挑戦してみてはいかがでしょうか。